東海道御油宿の旅籠で働いていた飯盛女の墓が残る豊川市東林寺

東海道御油宿の旅籠で働いていた飯盛女の墓が残る豊川市東林寺

東海道御油宿の旅籠で働いていた飯盛女の墓が残る豊川市東林寺

 

 

愛知県豊川市の東林寺は、東海道御油(ごゆ)宿で働いていた飯盛女たちの墓が残る寺です。

 

 

日本史では女性の歴史の記録がとても少ないです。例えば私が好きな戦国時代でも、有名な大名の武将の妻や家族の女性は、詳細がわからない人が多い。

 

 

墓も同じく複数箇所あったり、墓所の場所がわからないケースもあります。

 

 

これが庶民になると特にそうで、江戸時代とはいえ、庶民だった飯盛女が手厚く墓所に葬られるというケースは稀(まれ)ですね。

 

 

いったい何があったのか?そしてなぜ墓が建てられたのか?早速、東林寺へと行ってみました。

 

 

東林寺の場所の住所

豊川市御油町今斉28

 

 

>>東林寺の地図

 

 

 

 

 

 

東林寺へのアクセス方法


東林寺への行き方を説明します。まずは電車でアクセスする場合は、最寄り駅の名鉄名古屋本線・御油駅から徒歩で向かいます。

 

 

所要時間は約15分くらいです。

 

 

次に車でアクセスする方法ですが、東林寺の住所を参考に行ってみるとよいでしょう。

 

 

 

 

 

墓に参拝


飯盛女たちの墓は東林寺墓所の奥にあります、よく見ると複数並んでいる。

 

 

墓の戒名(かいみょう)を読むと左から順番に次の通り

 

  • 傾岸渕城信女(俗名・ばい:20歳)
  • 傾岳壬城信女(俗名・くに:22歳)
  • 傾室池城信女(俗名・たま・25歳)
  • 傾山癸城信女(俗名・とよ・19歳)

 

彼女たちは御油宿東林寺隣の旅籠・大津屋で働いていた飯盛女たち。

 

 

何があったのか、世をはかなんで集団で入水自殺したといわれています。嘉永元年(1848)9月28日のことです。

 

 

 

 

 


墓に掘られた戒名をよく見てみると、全てに【傾】と【城】という字が付いています。

 

 

これは古代中国から伝わる美人の意味。読みは傾城(けいせい)。

 

 

昔、中国のとある国で美女に夢中になった王がいて、政治を顧みなくなり、ついには国を滅ぼしてしまいました。

 

 

つまり傾城とは、国が傾くほどの美女という意味なんですね。

 

 

 

 

 

私の感想

 

これは私の感想ですが、この墓を建てた大津屋の主人が、亡くなった女性たちに本当に申し訳ないと思って、せめて戒名だけでも印象に残るように付けたものではと思います。

 

 

その理由は、普通、飯盛女が亡くなると、穴を掘って土を盛っただけの粗末な墓に葬られるのですが、この4人は菩提寺に葬られ石墓まで建てられたからです。

 

 

彼女達が自ら命を経った詳細な理由は歴史に残っていませんが、楽しげに描かれている東海道の旅路にも、このような女性たちがいたことは忘れられませんね。

関連ページ

大名の本陣と庶民の旅籠が見学できる豊橋市二川宿本陣資料館の感想
江戸時代の大名の本陣と庶民の旅籠が見学できる愛知県豊橋市にある二川宿本陣資料館に行ってきたレビュー記事です。アクセス方法から駐車場、そして私の感想も書いています。
城下町と東海道がよく分かる豊橋市吉田城鉄櫓!駐車場と御朱印そして感想
愛知県豊橋市にある吉田城の鉄櫓に入ってきたレビュー記事です。!駐車場、御朱印はもちろん、アクセス情報や私の感想も書いています。
静岡県湖西市の新居の関所跡アクセスから見どころ所要時間と私の感想
静岡県湖西市にある新居の関所跡へのアクセスから見どころを紹介した記事です。所要時間と私の感想も書いています。
東海道新居宿の旅籠がそのまま!湖西市・紀伊国屋資料館の感想
静岡県湖西市にある旧東海道時代の旅籠、紀伊国屋資料館に行った時のレビュー記事です。アクセス方法から駐車場、そして館内の様子を私の感想とともに書いています。
舞坂宿・脇本陣
江戸時代の旧東海道で唯一の脇本陣の遺構を持つ静岡県舞坂宿に残る脇本陣に行った時の体験レビュー記事です。電車でのアクセスや駐車場、そして館内の様子や見どころを私の感想とともに書いています。
江戸時代前記の東海道池鯉鮒周辺がよく分かる知立古城跡前の看板とは
愛知県知立市に残る知立古城前に江戸亜時代前記の東海道池鯉鮒宿周辺を描いた古地図の看板があります。この看板の様子を私の感想とともに書いた記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ