東海道新居宿の旅籠がそのまま!湖西市・紀伊国屋資料館の感想

東海道新居宿の旅籠がそのまま!湖西市・紀伊国屋資料館の感想

東海道新居宿の旅籠がそのまま!湖西市・紀伊国屋資料館の感想

 

 

静岡県湖西市の紀伊国屋(きのくにや)資料館は、旧東海道にあった旅籠(はたご)を資料館にした建物です。

 

 

>>湖西市観光振興協議会ウェブサイト

 

 

※旅籠(はたご)とは、現代でいう旅館の意味

 

 

東海道を旅する人にとって重要な旅籠。紀伊国屋は徳川御三家紀州藩の御用宿にもなっていたので、本陣みたいな役割でもあったのでしょう。

 

 

ではどんな旅籠だったのか?早速、チェックしてみたいと思います!

 

 

 

 

 

 

アクセスと駐車場


紀伊国屋資料館への行き方を説明します。

 

 

紀伊国屋資料館は新居関資料館から徒歩3分ほどの所要時間で着きます。

 

 

住所と地図を貼っておくので参考にしてみてください。

 

 

住所

静岡県湖西市新居町新居1280-1

 

 

>>紀伊国屋資料館の地図

 

 

車での行き方について。車で行く場合、新居関所資料館の駐車場を利用できます。

 

 

入場料も共通券だとお得なので、2つの資料館まとめて巡ってみましょう。

 

 

 

 

 

館内


それでは館内に入ってみます!その前に料金表をチェック。私の感想ですが、新居関所資料館とセット券がお得です。

 

 

 

 

 


そして入り口、福助がお出迎えです。ここから履物を脱いで中に上がります。

 

 

 

 

 


壁に簡単な説明パネルがありますが、その中でも目を引くのが大正時代の紀伊国屋。外観ほとんど変わっていないですね。

 

 

 

 

 


かつて紀伊国屋にはいくつかの部屋がありました。ここは床の間があるので少しランクアップの部屋でしょうか?

 

 

 

 

 


こちらは厠(かわや:トイレ)。現在では使用不可。

 

 

 

 

 


浴場もあります。といっても大きな桶がひとつポツンとあるだけですね。

 

 

また五右衛門風呂みたいに下から火で沸かすタイプではないので、熱湯を運んで桶の中に入れたのでしょう。

 

 

 

 

 


台所。棚の中には食器も入っています。

 

 

 

 

 

 

江戸時代のうなぎのタレ

 


紀伊国屋資料館には江戸時代の食事を再現したディスプレイがあります。

 

 

紀伊国屋があった東海道新居宿はうなぎが名物でした。

 

 

当然、紀伊国屋でもうなぎが出されていたワケですが、当時のうなぎのタレが発見されたのです!

 

 

 

 

 


中央の瓶(かめ)の中をよく見てみると…何やら黒いカタマリがあります。実はこれ、江戸時代のうなぎのタレなんです。

 

 

なぜこれがそのまま残っているのかよくわかりませんが、食べれないけれど貴重なものを拝見させてもらいました。

 

 

 

 

 


紀伊国屋は2階建ての旅籠で、現在でも階段を使って登ることができます。

 

 

 

 

 


階段を上がると周辺にいくつかの部屋がありました。

 

 

ふすまで仕切られており、音は伝わるのでしょうが、江戸時代の人たちは生活音に慣れていたといわれてます。

 

 

 

 

 

所要時間と私の感想

 


紀伊国屋資料館の所要時間は約30分もあればゆっくり見ることができると思います。

 

 

また私の紀伊国屋資料館の感想ですが、ここは江戸時代の旅籠(はたご)の様子がよく分かるので、新居関所資料館とセットにするのがオススメです。

 

 

あとうなぎのタレはなかな見ることができないので、話やブログネタにもできますね!

関連ページ

大名の本陣と庶民の旅籠が見学できる豊橋市二川宿本陣資料館の感想
江戸時代の大名の本陣と庶民の旅籠が見学できる愛知県豊橋市にある二川宿本陣資料館に行ってきたレビュー記事です。アクセス方法から駐車場、そして私の感想も書いています。
東海道御油宿の旅籠で働いていた飯盛女の墓が残る豊川市東林寺
愛知県豊川市の東林寺は、かつて東海道御油(ごゆ)宿で働いていた飯盛女の墓が残る寺です。この記事では東林寺へのアクセス方法のほか、飯盛女の墓の場所や状態を私の感想とともに書いてみました。
城下町と東海道がよく分かる豊橋市吉田城鉄櫓!駐車場と御朱印そして感想
愛知県豊橋市にある吉田城の鉄櫓に入ってきたレビュー記事です。!駐車場、御朱印はもちろん、アクセス情報や私の感想も書いています。
静岡県湖西市の新居の関所跡アクセスから見どころ所要時間と私の感想
静岡県湖西市にある新居の関所跡へのアクセスから見どころを紹介した記事です。所要時間と私の感想も書いています。
舞坂宿・脇本陣
江戸時代の旧東海道で唯一の脇本陣の遺構を持つ静岡県舞坂宿に残る脇本陣に行った時の体験レビュー記事です。電車でのアクセスや駐車場、そして館内の様子や見どころを私の感想とともに書いています。
江戸時代前記の東海道池鯉鮒周辺がよく分かる知立古城跡前の看板とは
愛知県知立市に残る知立古城前に江戸亜時代前記の東海道池鯉鮒宿周辺を描いた古地図の看板があります。この看板の様子を私の感想とともに書いた記事です。

ホーム RSS購読 サイトマップ